お知らせ

「新型コロナウイルス感染症特別貸付」と「持続化給付金」について

売上の減少による借入、事業者への給付金の請求のお手伝いをします!!

行政書士事務所カーズでは、今般の新型コロナウイルス感染症拡大による個人事業主様の売上減少による貸付金や給付金の対応をしております。

すでに貸付金手続きのご依頼を多数いただいており、その対応を進めております。

申し込んでもすぐに給付されませんので、とにかくお早めにご連絡をお願い致します。

 

「新型コロナウイルス感染症特別貸付」

【融資対象】

 新型ウイルス感染症の影響を受けて一時的な業況が悪化し、次の①または②に当てはまる事業者

 ① 最近1ヵ月の売上高が前年または一昨年の同期と比較して5%以上減少した

 ② 業歴3ヵ月以上1年1ヵ月未満の場合、または店舗増加や合併、業種の転換など、売り上げ増加に直結

 する設備投資や雇用の拡大を行っている企業など、前年(一昨年)同期と単純に比較できない場合等は、

 最近1ヵ月の売上高が次のいずれかと比較して5%以上減少している

  a 過去3ヵ月(最近1ヵ月を含む)の平均売上高

    b 令和元年12月の売上高

  c 令和元年10月~12月売上高平均額

【資金の使い道】 運転資金、設備資金  【担保】 無担保

【貸付期間】 設備20年以内 運転15年以内 【うち据置期間】 5年以内

【融資限度額(別枠)】 国民事業 6000万円

【金利】当初3年間 基準金利 ▲0.9% 、4年目以降は基準金利

    (国民事業 1.36% →0.46%)

【利下げ限度額】 国民事業 3000万円

 

緊急性を重視して通常よりお安い報酬額にて対応させていただいております。

お早目にお問い合わせください(携帯電話 090-4230-2290、メール、メッセンジャー、LINE等)。

土日も受け付けております。

 

「持続化給付金」・・・返さなくていいお金です。

 感染症の拡大により、特に大きな影響を受けている事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧となる、

 事業全般に広く使える給付金が支給される予定です(令和2年度補正予算の成立が前提です)。

【給付対象者】

 中堅企業、中小企業、小規模事業者、フリーランスを含む個人事業者等、その他各種法人等で、

 新型コロナウイルス感染症の影響により、売上が前年同期比で50%以上減少している者

【給付額】

 前年の総売上(事業収入)―(前年同期比▲50%月の売上×12ヵ月)

 (ただし、法人は200万円以内、個人事業者等は100万円以内)

 「持続化給付金」については、まだ詳細が決まらないため、都度情報が更新されております。

 弊所としましても、随時最新の情報を取り入れておりますので、弊所までお問合せいただければと存じます。

 

お問合せは、行政書士事務所カーズ(090-4230-2290、メール、メッセンジャー、LINE等)までお願い致します。

土日も対応しております。お気軽にお問い合わせください。

 

ページ上部へ戻る