長野で家族信託を行うのなら行政書士事務所カーズへ

近年では、高齢化などの理由により注目されているのが、家族信託というものです。この家族信託とは、どのようなものなのでしょうか?こちらの記事では、家族信託について解説していきます。

家族信託が近年注目されている理由とは?

家族信託が近年注目されている理由とは?

まだまだ、聞き慣れないという人もいるかもしれませんが、高齢者の財産管理の方法について、近年注目されているのが家族信託です。

家族信託が、近年注目されている理由とはいったいどのようなものなのでしょうか?主な理由としては、高齢化、認知症の増加、詐欺の防止、成年後見制度の問題などです。

家族信託とは簡単に言うと、親が生きているうち、元気なときから子供などに自分の財産の管理などを任せることができるというものです。これから日本では、超高齢化社会になると言われています。年齢とともに認知症のリスクなども高まります。そのような場合でも、安心して財産の管理を任せられるようにしておくための仕組みです。

家族信託の一般的な流れ

こちらでは、家族信託を行政書士に相談した場合、どのような流れで進むのか解説いたします。

1.ご相談

どういったご要望・状況なのかを、詳しく伺います。「受託者・受遺者はどなたがなるのか」「必要となる書類はどのようなものがあるのか」など、家族信託に関するご説明は、この段階で行います。

2.関係者へのご説明

ご相談した結果、正式に依頼をしてくださる場合は、関係者へのご説明をいたします。トラブルの発生を未然に防ぐためには、関係者がしっかりと内容を理解・納得する必要があります。できる限りわかりやすくご説明いたしますので、ご不明な点がありましたら、ご質問ください。

3.公正証書の用意

こちらのステップでは、相談した内容を基に遺言や信託契約を公正証書として形に残します。書類作成のプロである行政書士がサポートしますので、「作り方がまったくわからない」場合でもご安心ください。

4.不動産の登記手続き

信託契約の場合で、なおかつ不動産が信託財産にある場合、登記手続きを行う必要があります。登記手続きは、司法書士などの専門家が対応する領分です。

5.アフターフォロー

依頼後も、何か困ったことがありましたら、アドバイスいたします。

家族信託専門士にご相談を

家族信託専門士にご相談を

家族信託のご相談は、家族信託専門士にお任せください。家族信託専門士とは、家族信託の具体的な契約書の作成などをサポートする存在です。

長野の行政書士事務所カーズでは、家族信託専門士の資格を保有しています。長野県内では4人目 、諏訪圏内を含む南信地方では唯一の資格保持者です。長野で家族信託に関してお困りの場合は、迅速に対応いたします。

長野で家族信託にお困りなら行政書士事務所カーズへ

事務所名

行政書士事務所カーズ

代表者

行政書士 木村和彦

所属

長野県行政書士会所属(登録番号 第17150802号)
(一社)家族信託普及協会会員(専門士&コーディネーター)

取次業務

相続全般の生前対策コンサルティング、ペット相続・信託サービス、法人設立・会計記帳、国際業務(VISA取得取次申請・帰化・永住等)、各種許認可手続き、公正証書作成

住所

〒394-0083 長野県岡谷市長地柴宮3丁目14−15

電話番号

0266-28-1299(事務所代表)

Mobile

090-4230-2290(日中・お急ぎの連絡先)

e-mail

kimura@gyosei-kazu.com

URL

https://gyosei-kazu.com/

営業時間

平日 9:00~18:00 土日・祝祭日 9:00~16:00  ※時間外の予約対応します(恐れ入りますが、携帯電話(090-4230-2290)または、メールにてお問合せください)

在留許可取次申請資格

(東)行17第473号

対応地域

長野県 岡谷市 下諏訪町 諏訪市 茅野市 原村 富士見町 南信地方(辰野町 箕輪村 南箕輪村 伊那市 駒ケ根市 飯島町 飯田市 その他)
その他の地域(山梨県)のみなさま、ご連絡いただければ出張対応いたします。

ページ上部へ戻る