ハサップとはいったいどのようなものなのか

ハサップ(HACCP)という言葉を聞いたことがあるという人は、恐らくあまり多くはないでしょう。こちらでは、ハサップに関する基本的な情報をお伝えいたします。

ハサップとは何か?

ハサップとは何か?

ハサップとはいったいどのようなものなのでしょうか?

ハサップとは、食品事業者が食中毒菌汚染等の危害要因を把握した上で、原材料の入荷から製品の出荷に至る全工程の中で、危害要因を除去・低減させるために、特に重要な工程を管理し、製品の安全性を確保するために、国際的に認められた衛生管理・安全性確保管理手法です。危害分析重要管理点と訳されています。

ハサップ義務化の背景

ハサップ義務化の背景

ハサップ義務化の背景とはどのようなものなのでしょうか?厚生労働省によると、食品衛生法等の一部を改正する法律によって、原則として、すべての食品等事業者にハサップに基づいた衛生管理への取り組みを義務付けることになりました。

具体的には、平成30年6月13日公布後、それから2年以内の施行、施工後1年間は経過措置期間となります。

この背景には、食に関する安全性意識の高まりなどがあると言われています。これから日本では、東京オリンピックなども開催が予定されており、より食に対して安全性が求められるという時代になってきました。

そのような背景からハサップの義務化につながっていると言われています。食に安全性を求めるのは、日本だけでなく世界中でそのような流れになってきています。

ハサップを義務化することによって、安全性をより確保するという狙いがあります。

ハサップの対象事業者と事業者に求められる対応

厚生労働省が発表している「HACCPに沿った衛生管理の制度化に関するQ&A」によると、ハサップは認証や承認の制度ではないと回答されています。

また、民間認証の取得を求めないとも回答されており、食品衛生法が求めるハサップに沿った衛生管理は、許認可制度ではなく、あくまで衛生管理計画の作成や実践に関することです。

しかし、今後義務化が行われることから、ハサップの導入は注目を集める可能性があります。導入をご検討している場合は、なるべく早めの行動を心がけることが大切です。

長野で行政書士の力を必要としている方は、行政書士事務所カーズにご連絡ください。緑と山に囲まれた長野県岡谷市の一角に事務所を構えており、長野県諏訪地方のご依頼を中心に対応しています。初回相談は無料ですので、お気軽にご利用いただけます。

長野で行政書士に相談したいとお考えなら行政書士事務所カーズへ

事務所名

行政書士事務所カーズ

代表者

行政書士 木村和彦

所属

長野県行政書士会所属(登録番号 第17150802号)
(一社)家族信託普及協会会員(専門士&コーディネーター)

取次業務

相続全般の生前対策コンサルティング、ペット相続・信託サービス、法人設立・会計記帳、国際業務(VISA取得取次申請・帰化・永住等)、各種許認可手続き、公正証書作成

住所

〒394-0083 長野県岡谷市長地柴宮3丁目14−15

電話番号

0266-28-1299(事務所代表)

Mobile

090-4230-2290(日中・お急ぎの連絡先)

e-mail

kimura@gyosei-kazu.com

URL

https://gyosei-kazu.com/

営業時間

平日 9:00~18:00 土日・祝祭日 9:00~16:00  ※時間外の予約対応します(恐れ入りますが、携帯電話(090-4230-2290)または、メールにてお問合せください)

在留許可取次申請資格

(東)行17第473号

対応地域

長野県 岡谷市 下諏訪町 諏訪市 茅野市 原村 富士見町 南信地方(辰野町 箕輪村 南箕輪村 伊那市 駒ケ根市 飯島町 飯田市 その他)
その他の地域(山梨県)のみなさま、ご連絡いただければ出張対応いたします。

ページ上部へ戻る