ハサップの導入が進められる

世界的に食に対する安全性意識の高まりということから、日本ではハサップの導入が義務化されます。こちらでは、ハサップ導入に関連した情報をお伝えします。

ハサップの義務化が進められている

ハサップの義務化が進められている

ハサップは、日本のみならず先進国を中心に義務化が進められています。日本では、平成30年6月13日に食品衛生法等の一部を改正する法律によって、ハサップの義務化が行われます。

対象となるのは、原則としてすべての食品等事業者です。義務化と聞くと勘違いする方もいらっしゃるかもしれませんが、ハサップに沿った衛生管理とは、認証や承認の制度を指しているのではありません。

食品の安全性を確保するために、事業者が使用している原材料、製造・調理の工程に応じた衛生管理となるように、「見える化」を推し進めるものです。

今からハサップ導入準備をスタートすべき理由

今からハサップ導入準備をスタートすべき理由

ハサップ導入準備は、できるだけ早くスタートする方が良いと言われています。それは、いったいなぜなのでしょうか?

理由としては、ハサップの導入は時間がかかるからです。目安としては、通常業務を行いながら導入を進めた場合、約1年は必要と考えるべきでしょう。

また、ハサップを導入して運用していくためには、そのための人材の育成も当然進めていかなければなりません。慌てて導入しても上手くいかない可能性がありますので、余裕を持って取り組むことが大切です。

長野で行政書士事務所の利用を検討している方は、行政書士事務所カーズにご連絡ください。長野県諏訪地方を中心に、長野県全域その他の地域のご依頼を対応しています。お客様に「相談して良かった」と思っていただけるように、手厚いサポートを心がけていますので、ご相談時は何でもお申し付けください。

また、行政書士事務所カーズでは、行政書士をはじめ、税理士、司法書士、弁護士、保険会社、不動産会社とも連携していますので、相談の内容に応じてそれらの専門家の力を借りることも可能です。

長野で行政書士に相談したいとお考えなら行政書士事務所カーズへ

事務所名

行政書士事務所カーズ

代表者

行政書士 木村和彦

所属

長野県行政書士会所属(登録番号 第17150802号)
(一社)家族信託普及協会会員(専門士&コーディネーター)

取次業務

相続全般の生前対策コンサルティング、ペット相続・信託サービス、法人設立・会計記帳、国際業務(VISA取得取次申請・帰化・永住等)、各種許認可手続き、公正証書作成

住所

〒394-0083 長野県岡谷市長地柴宮3丁目14−15

電話番号

0266-28-1299(事務所代表)

Mobile

090-4230-2290(日中・お急ぎの連絡先)

e-mail

kimura@gyosei-kazu.com

URL

https://gyosei-kazu.com/

営業時間

平日 9:00~18:00 土日・祝祭日 9:00~16:00  ※時間外の予約対応します(恐れ入りますが、携帯電話(090-4230-2290)または、メールにてお問合せください)

在留許可取次申請資格

(東)行17第473号

対応地域

長野県 岡谷市 下諏訪町 諏訪市 茅野市 原村 富士見町 南信地方(辰野町 箕輪村 南箕輪村 伊那市 駒ケ根市 飯島町 飯田市 その他)
その他の地域(山梨県)のみなさま、ご連絡いただければ出張対応いたします。

ページ上部へ戻る