ブログ

先日のセミナーが市民新聞で記事として掲載されました。

今日の「岡谷市民新聞」に先日行われた家族信託セミナーの様子が記事として掲載されました

9月2日(日)に諏訪湖ハイツで行われた「なるほどわからん~相続から家族信託まで~」セミナーの様子が今朝の市民新聞に掲載されておりました。

市民新聞社さんに感謝申し上げるとともに、この「家族信託」が少しでも早く浸透し、一人でも多くのご家族の財産が安心して守られるように願っています。

 

 

本物の家族信託専門士として

今は「家族信託」の普及に努めております。

本来それは「家族信託コーディネーター」の役割ですが、私は「家族信託専門士」でありながら、「家族信託コーディネーター」の資格も保持しておりますので、その普及に力を入れて活動しているわけです。

 

「家族信託」はみなさまの財産をお守りする強力な生前対策です。今ではこれを抜きにしては相続を語れない時代になりました。

今後益々「家族信託」の需要が高まっていくことは必至です。

これから様々な業界や企業様で「家族信託」を取り入れる動きがあると思いますが、その判断材料として、まず最初に「家族信託専門士」が存在しているかを確認してみてください。そこに「家族信託専門士」がいなければ、恐らく(自己流+経験値)で契約書を作成していると思います。

 

私は「家族信託専門士」という生前対策のプロとして活動をしております。

「家族信託専門士」は長野県内では現在5名のみ(松本市3名、佐久市1名、私(岡谷市))です。

そのご家族に寄り添った契約書を公正証書として作成しております。

契約書の作成には私だけではなく、司法書士、税理士、保険のプロ、不動産のプロとチーム戦で、ご家族に最適な財産を守るプランをご提供して参ります。

いつでも遠慮なく、ご相談ください。

 

認知症患者の保有資産が215兆円?

9月2日(日)の日本経済新聞1面にそんな記事がありました。

これは家計金融資産全体の10%を超える数字になります。

「家族信託」を知らずに、これらが「資産凍結」になったらと思うと、ぞっとします。

とにかく生前対策を元気なうちに行なって欲しいと思います。

その考察については後日ブログで書かせていただきます。

 

 

 

  • 先日のセミナーが市民新聞で記事として掲載されました。 はコメントを受け付けていません。
  • blog, 家族信託

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る