ブログ

初夏の小諸

今週は別の仕事で小諸まで来ました。

歴史のある町の眼下に千曲川が流れています。

小諸といえば、小諸城址懐古園があります。

小諸城の起源は平安時代と古く、小室氏、大井氏と受け継がれ、武田の支配となります。

かの軍師、山本勘助らが城郭を整備しました。

その後は織田、徳川と支配が移っていきます。

現在は本丸がなく、その時代の面影はありませんが、戦乱の世を生き抜いた凛とした強い意志を、大きな欅の木からを感じることができます。

また、島崎藤村の歌碑もあります。

 

長野県は自然に囲まれた素晴らしい名所が各地にあります。

そんな名所を巡りながら、また毎日の勉強に励みます。

 

  • 初夏の小諸 はコメントを受け付けていません。
  • blog

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る